足の環境を整え、臭いのケアを行うノーノースメル

ですが、臭いといえばの臭いも気になるという人も多いのではないのでしょうか?

しかし、ノーノースメルは足の臭いケアの為に生まれた商品です。の臭いもケアできるのでしょうか?

脇の臭いは何故発生する?

脇は運動後や暑い時だけでなく精神的な緊張でも汗をかくことがあります。

通常の生活では脇はしめている事が多く服も着ている為、汗をかいたまま蒸れるという状態になるのです。

この汗を養分にする悪玉菌が臭いの原因である物質を発生させます。

ノーノースメルは脇にも効く?

汗をかいて蒸れて、悪玉菌が発生し臭いの原因物質を発生させるという過程が同じなのでノーノースメルは脇にも使用できます

足のケアと同じで毎日1日2回忘れずにケアを行っていく事で、脇の環境を整えていくことができます。

ワキガ臭にも効く?

しかし臭いがワキガ臭であれば別で、ノーノースメルでは根本からの解決はできません。

ワキガ臭は脇のアポクリン汗腺から分泌される汗のたんぱく質が分解される事によって発生します。

根本的に解決したい場合は、このアポクリン汗腺を手術等で除去する事が必要になります。

ノーノースメルは水虫にも効く?

水虫は、カビの一種である白癬菌が感染する事によって起こる皮膚の病気です。

白癬菌は高温多湿を好むので、ノーノースメルで汗対策をしたら水虫にも効果がありそうですがどうなのでしょうか?

ノーノースメルで水虫の予防ができるか、感染してしまった後に効くかどうかを調べてみました。

水虫の予防はできる?

水虫の原因の白癬菌は、足の清潔さを保ち、汗対策をする事で予防できます。

そのため、ノーノースメルのしっかりとした使い方を守れば汗対策も出来て、水虫を防止できる確率が高まります。

ノーノースメルを朝、晩に塗る時はお風呂の後や、シャワー後、ボディペーパーなどで足の汚れを落とした後の清潔な状態の時に塗りましょう。

水虫感染後には効く?

水虫の感染といっても、足や爪などいろいろな種類の水虫があります。

ノーノースメルは治療薬では無いので感染してしまった水虫の治療はできません。

病院で塗り薬や飲み薬を処方してもらって治療を行うのが一番です。

 

関連記事