足の環境を整え、臭いケアを行えるノーノースメル

リピート率は97.5%にも達している人気のクリームです。

しかし、どんな人気のクリームでも使い方を間違えると本来の効果を得られない事もありますよね。

ノーノースメルの使い方には何か注意点はあるのでしょうか?

ノーノースメルの使い方に注意点?

ノーノースメルは、1日2回朝と晩に足に塗り込んで使用します。

  • 朝 発生する臭いを抑える為
  • 晩 臭わない足環境に整える為

これを毎日繰り返し行う事によって、足の環境を整えていきます。

足にただ塗るだけなのに注意点なんかあるの?と思う人もいますよね。

ここでは、守った方が効果が高い注意点を5つ紹介します。

その注意点とは、

 

  • 毎日続ける。
  • 手が清潔な状態で塗る。
  • 足が清潔な状態で塗る。
  • 足の爪に注意。
  • 指と指の間に注意。

です。では1つずつ説明します。

 

毎日続ける。

大事なのは、毎日続けるというところです。

ノーノースメルを使い始めた時はいいのですが、だんだんと塗る回数が減ってしまいいつしかもう3日も塗ってなかったということも・・・

ノーノースメルは毎日塗っていくことによって、足の環境を整えるクリームです。

臭いが少しましにになっても、油断せずに続けることが必要になります。

手が清潔な状態で塗る。

手が汚れているままクリームをとって足に塗っても手の汚れが足についてしまいます。

手を清潔な状態にしてから、クリームを塗るようにしましょう。

足が清潔な状態で塗る。

足も清潔な状態でクリームを塗るようにします。

できれば、晩はお風呂の後、朝はシャワーの後がおすすめですが毎朝そんなに時間がないという人もいますよね。

そんな人は濡れタオルやボディシート等で足の汚れをふき取ってからクリームをぬるようにしましょう。

足の爪に注意。

足の爪が伸びていると、細菌が増えて臭いの原因になります。ノーノースメルの効果を少しでも高めたいなら爪の定期的なカットをお勧めします。指の先から爪が見えないくらいがちょうどいい長さです。

又、お風呂などで足を洗う時、ボディシートで足の汚れをふきとる時は爪の中の汚れもしっかり取り除いて綺麗にしましょう。

指と指の間に注意。

指と指の間はとても塗りにくい部分です。

特に、毎日塗るのがめんどくさく感じてきた頃や、体が硬く指まで手が届くのがギリギリな人など指と指の間がおろそかになってしまいます。

指と指の間には非常に汚れが溜まりやすく、臭いが発生しやすい部分でもあるのでクリームはしっかり塗るようにしましょう。

女性は足のケアに注意?

女性は男性よりも、足の臭いケアに注意しなければなりません。

何故かというと女性の足は細菌が増えやすい環境にある確率が高いからです。

女性は通気性のよくないブーツやパンプス、ストッキングを履くので汗が蒸発せず蒸れやすく臭いの原因になりやすいのです。

ブーツやパンプスやストッキングを履く事が多い冬場は特に、足のケアが重要になります。

 

ノーノースメルの口コミ記事はこちら